ジャパニーズ忍者。

アメリカで間違った忍者道場を開いて、それを日本の正統な忍者後継者が正す。そんな番組を見た。
アメリカ人の描く忍者像はド派手なのや、好戦的なもの。しかし実際の忍者はもっと地味で、防衛向きなものだそうだ。国柄というものがにじみ出ている。
ド派手にやるアメリカン忍者にこれが本当の忍者だ、とジャパニーズ忍者が見せつけるわけだが、それに対してアメリカ忍者はどう思うのだろうか。「これが忍者?冗談じゃない、かっこ悪い」とか思うのだろうか。
何が言いたいのかというと、要はこれも漫画に似てるなと思った、というと。
80年代から90年代のシュール系の漫画はもう過去のもの。今や萌えやキャラクターものばかり。別に否定ではないよ。面白いのは事実だし。僕も好きだし。でもその陰でシュールというジャンルが面白くないという形で肩身の狭い思いをしてしまっている。売れない漫画になってしまっている。それってどうなのだろうか。
嫌な言い方だけどシュール系のものってほんとリアリティを追求してて、それこそ本当の日常の漫画なんじゃないかなって思う。アンダーグラウンドだけどね。自分しか知らない、たいな。
今回見たこのアメリカン忍者とジャパニーズ忍者の関係って今の自分に方程式として当てはまってしまった感じがあった。

①アメリカという派手なものが好きな世界で、地味だけど本物の日本の忍者を見せる。
②偽物で溢れた世界に本物を見せても、なんかイマイだなって思われる。本物なのに。
①キャラクターものや萌え系、わかりやすいジャンルが好まれる世界に本当の日常漫画を見せる。
②わかりやすいジャンルで溢れた世界にそんな日常漫画を見せても、なんかイマイチだなって思われる。
そんな感じ。

まぁ、わかりやすいものが時代のニーズなんだろうけど。僕の漫画はもう20年くらい前のものだから。
でもジャパニーズ忍者はこう言っていた。「彼らは忍者が大好きだから、正しい忍者を学んで、彼らが伝えていってくれれば…」と。
ひょっとしたら自分がやっていることもこういうことなのかな。シュールってジャンルだって需要ゼロではない。好む人もいるし、特に漫画を描いている人から好まれている。こんな自分の連載時の作品のファンでいてくれている漫画家の先生もいる。
路線変更も考えたけど、おそらく僕はそういう人たちのために描かなければいけないんだろうなぁ。そういう漫画がわかる人に伝えていってもらえればいいかな。




まぁ、売れてる前提でのお話しなんですけどね…。とほほ…。
(あ、ここでシュールシュール言ってるけどあまり自分ではシュールを意識してないよ。なんかジャンルでいうと当てはまるらしいから例えてるだけ。)


a0331878_23063011.jpg

[PR]
by chadoarai | 2016-06-22 05:37 | マンガ | Comments(0)

漫画家、荒井瑞貴の瑞貴(原作)の方の日々の雑記。 araimizuki25@gmail.com
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30