忘れる。

何かを作り終えた後、次の制作に映る際、作り方を忘れてしまうのだ。
マンガはとくにそうだった。一作描き終える度作り方を忘れてしまのだ。
作り方はわかっているつもりだし、起承転結であり、オチを考えるでありマニュアル的に覚え、それを実行してもやっぱりしっくりこない。結果描けず路頭に迷う。この状態は毎回来る。
この問題を解決するにはどうしたらいいのかは未だにわからない。
解決できないのかというとそうでもないのだ。ある日急に解決する。ふとこんなのどうだと思って制作すると、んどんネタが浮かび出てくる。
迷った期間に比例する訳でもなく、ある日急に。
トわからない。
結局情報収集や経験ってことなのかな。
長編のマンガが描けない自分にとってはこの仕組みが苦でしょうがない。
頼まれてる訳でもないしやめればいいのに。でもなぜかやめられない。
ホントわからない。


a0331878_22484484.jpg

[PR]
by chadoarai | 2015-01-24 22:50 | マンガ | Comments(0)

漫画家、荒井瑞貴の瑞貴(原作)の方の日々の雑記。 araimizuki25@gmail.com
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30